2度目の安曇野

 安曇野は何度訪れても飽きない街である。
ため息の出るほど美しい山並み。あくまでも透明な水面。緑豊かな水田。満天の星。真冬のダイヤモンドダスト。


 観光客でごった返すわさび田やちひろ美術館もすばらしいが、むしろ、林の中にひっそりと佇む小さなギャラリーを訪ねたり、静かなカフェでぼんやりと時をきざんでいたい。

 安曇野を愛してやまない人たちの暮らしや息づかいを感じられる。それは彼らと共鳴する心のつながりの糸が 数多くひそんでいるからなのかもしれない。


 失われた時を求めての作者マルセル・プルーストはこんな事を書いている。「発見の真の旅路は、新たな土地を探すのではなく、新たな目でものを見ることだ。」


 安曇野は お嬢さん、ご婦人方に似合う街。オシャレをして ふたたび 安曇野にくりだそう。


  緑のトンネル山麓線(さんろくせん)

 山麓線は松林が多い。常緑樹のため四季を通じて緑のトンネルだ。
標高600mの等高線に沿って、赤松の林が 北は松川村と安曇野市を分ける中房川(なかぶさがわ)から、南は八面大王の足湯があるしゃくなげ線まで 南北 およそ3.5km 広がっている。

それを東西に横切るのは 北から「有明山通り」(安曇追分駅へ)、「中房線」(有明駅へ)、「しゃくなげ線」(穂高駅へ)の3本。

この林の中にあるギャラリーや美術館は 公共・大規模なそれとは異なり 見つけにくいが 静かで それでいて個性的な雰囲気のある場所なのだ。
そこには 上質のカフェやレストランも点在している。

  田園から見上げる北アルプス

 安曇野は日当たりも良く、台風の被害もほとんど無い。広大な田園は米の産地だ。安曇野米として販売されている。
 
 南北に大町・明科線、高瀬川オリンピック道路、国道147号線、広域農道、山麓線 の5本の道路が走っている。それなりに派手な色の のぼり旗 も散見されるようになってきた。
 
 その大きな道路からすこし外れ 田んぼの中の小径に入ると 家屋も電信柱も のぼり旗もない風景が広がる。
 
 安曇野からは常念(じょうねん)岳、有明山、燕(つばくろ)岳はもちろん 鹿島槍ヶ岳、五竜岳、白馬三山も手に取るように見通せる。


  東山からの北アルプス眺望

 北アルプスを眺めるなら 池田町の「北アルプス展望美術館」の南に「創造館」という建物の駐車場を目指そう。おすすめなのだ。車で登れる。歩かなくて済む。
 
 創造館の駐車場は標高634m。東京スカイツリーのてっぺんの高さと同じだ。
 
 眼下に 広大な広場 次に ぶどう畑が広がり その下に安曇野のほとんどを占める田んぼと家屋が点在している。
 
 高瀬川を挟んで東西に約2km 合わせると4kmほどの平らな部分が安曇野だ。おそらく世界的にも有数の優れた眺望が楽しめる。
 
 5月上旬の朝 雪をいただいた北アルプスが輝いている景色は それはそれは息を吞む。時間と共に また季節の移ろいと共に変化する景色・・自然が織り成す色合いは住んでみるとよく分かる。